主婦のキャッシング審査については、仕事をしているかしていないかで多少条件が変わってきます。
両者の具体的な違いと、主婦の審査通過のポイントについてご説明します。

総量規制という法律により、貸金業者は利用者の年収の1/3を超える貸付を禁じられています。
貸金業者に含まれるのは消費者金融やクレジットカード会社です。このため年収ゼロの専業主婦はこれら貸金業者に申し込むことができません。

・銀行カードローン
・消費者金融
・クレジットカード会社

正社員なりパートなり自身で収入を得ている主婦の場合は、上記すべてのカードローンに申し込むことができます。
本人の年収や勤務状態、個人信用情報の内容などにより融資の可否が決定します。

利用限度額は年収をはじめ諸条件により個人差があります。

配偶者に安定収入がある人なら、一部の銀行カードローンを利用することができます。
専業主婦向けの商品を扱う銀行のカードローンをチェックしてみましょう。

専業主婦も利用OKの銀行カードローンなら、申し込みの際に配偶者の同意書や収入証明書が必要になることは一切ありません。
審査の対象はあくまで申込者本人ですので、自分がブラックリスト入りしている場合は、審査に通る可能性はきわめて低くなります。

夫への電話確認や個人情報の照会は基本ありませんが、夫がブラック入りしている場合、住所などから夫婦関係が推測されて審査に不利になる可能性もあります。

利用限度額は5万円~30万円ほどになるケースが多く見られます。

過去に延滞を重ねたりブラックリストに名前がある人は、信用性に問題ありと見なされて審査に通りにくくなります。
また複数借入を抱えていたり、続けて複数申込みを行っている人も信用性が低くなるので注意が必要です。

インターネットから申込みを行い、カードは自宅郵送ではなく自動契約機発行にすると、スピーディかつ内緒で借りやすくなります。
また利用明細も郵送ではなくWEB明細の利用がおすすめです。
参照:専業主婦でも借りれるカードローン